営農型太陽光発電事業

ソーラーファーム山形は、地域の宝である優良農地を守るために、太陽光発電事業と農業を組み合わせた営農型太陽光発電事業(ソーラーシェアリング)を通して、後継者不足により荒れてしまった農地の再生を行っています。

 

 

農地で作物を育て、その農地の上で太陽光発電事業を行うことを、太陽の光を農地と太陽光パネルでシェアすることから、ソーラーシェアリングと言ばれています。

下記の写真は、太陽光パネルの下で、シャインマスカットの栽培を行っています。

ソーラーシェアリング1

 

 

今、環境に優しい再生可能エネルギーが世界中で注目されています。

ソーラーファーム山形は、再生可能エネルギーの普及と、荒廃農地の再生を進めていきます。

荒廃農地 荒廃農地 後 諏訪原 前 諏訪原 後

現在、自社の営農型太陽光発電設備の設置を計画しております。

随時、掲載していきます。