従量電灯契約切り替えサービス 電気代最大50万円削減!

 

 

あなたの太陽光発電発電設備の電気代を

FIT期間の20年で最大50万円削減します!

 

パワコン周り

こんにちは、ソーラーファーム・山形です。

弊社HPをご覧いただき、ありがとうございます。

 

太陽光発電事業者の皆様、発電設備の電気代を下げれることをご存知でしょうか?

 

太陽光発電設備で電気を使用する機器はパワーコンディショナーです。

このパワコンの使用する電気契約は、道路に設置されている街灯などと同じ契約になっています。

 

現状の東北電力エリアの低圧野立て太陽光発電設備は、すべて定額電灯契約といい、使っても使わなくても、決まった金額を支払う契約となっています。(単相パワコンの場合)

 

しかし、パワーコンディショナーは、実際は、ほとんど電気を使用していません。

使用していないのに、毎月決まった料金を支払っているのが現状です。

 

低圧太陽光発電設備では、一般的にパワコン9台、もしくは10台の契約が多いと思います。

この場合、毎月2500円前後支払っているはずです。

 

しかし、現在の定額電灯契約を、使った分だけ支払う「従量電灯契約」へ切替えることで、

毎月300円程度に電気代を削減できます。(従量電灯契約AまたはBで、金額が数十円変わります)

 

FIT20年間の電気代を比較してみます。

 

◆定額電灯契約

毎月2,500円×12ヶ月×20年=600,000円

◆従量電灯契約

毎月300円×12ヶ月×20年=72,000円

 

600,000円ー72,000円=528,000円

 

従量電灯契約へ切り替えることで、20年間で50万円以上の電気代が削減できることがわかると思います。

残りのFIT期間が長ければ長いほど、得しますので、少しでも早く切り替えることをお勧めします。

 

↓弊社の切り替え実績です

従量電灯切替え前後の料金

3月途中で切替えになったので、4月明細を掲載していますが、2月に2,546円だったものが、従量電灯契約Aに切り替えたことで、264円になっています。

 

しかし、お客様自身で、定額電灯契約を従量電灯契約へ切り替えを申し出ても、切り替えはできません。

 

弊社の独自のノウハウを使い、定額電灯契約から従量電灯契約へ切り替える手続きを行います。

 

◆料金

従量電灯契約切り替えサービス

1基:66,000円(税込)

弊社メンテナンスサービス契約中のお客様 1基につき 10,000円引き

5基以上まとめての場合、1基につき 5,000円引き

 

  • ※技術的な問題で切り替えできない場合は、全額ご返金いたします。
  • ※切り替え可能な契約は、単相パワーコンディショナーの定額電灯契約のみになります。

 

 

再度記載しますが、切り替えが早ければ早いほど、残りのFIT期間の経費削減額が大きくなります

少しでも早く切り替えることをお勧めします。

 

まずは所有設備が切替できるか無料で確認いたしますので、コチラからお問い合わせください。