ぶどう苗を植えました。

ぶどう苗植え完了

こんにちは、ソーラーファーム・山形です。

 

今年から、ぶどう栽培を行うため、昨年購入したぶどうの苗を植えました。

 

昨年秋に仮植えしたぶどう苗は全部で80本、

【次年度へ向けブドウの苗の仮植えをしました】

これを少しづつ、植えました。

 

まずは、植える予定の畑に肥料を散布しました。

肥料

米ぬかも追加でまき、畑は真っ白になりました。

肥料散布後

その後、友人にトラクターを出動してもらい、耕してもらいました。

トラクター出動 耕耘後

見違えるように、きれいに整地されました。

 

その後、1本あたりの間隔を確認し、植える位置を決めました。

支柱設置後

 

昨年植えたぶどう苗を掘り起こし、

苗掘り起こし

 

根を少し切って、

根切り

植える準備万端です。

水分吸収

 

ブドウの苗は、1本あたり、直径が約1メートル程度の穴を掘り、そこに支柱を立て、植えます。

ぶどうの植え付け穴

ぶどう苗は、接木部分が地中に入ってしまうと二段根といい、根が2段になって生えてしまい、養分をしっかりと吸わなくなるので、接ぎ木部分はしっかりと地上に出るようにしなければなりません。

ということで、穴の中央部分を少し山にして、そこに枝をおきます。

 

そこから、細い根を1本ずつしっかりと周りに広げ、土に埋めました。

水をたっぷりと与えて、その上に、乾燥を防ぐためのマルチを貼ります。

ぶどう苗植え完了

これで、苗植え完了です。

 

この作業、地味に腰が痛くなり、そして、かなりの時間を要しました。

80本もあったため、約1週間かけて、すべての苗を植え終わりました。

うまくいけば、来年、少しだけ収穫ができるようです。

3年目からある程度の量が収穫が出ます。

 

3年後が楽しみです。

 

太陽光発電設備の草刈メンテナンスもまだまだ募集中ですので、是非、お申し込みください。

メンテナンスお問い合わせはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です